• FOR OVERSEA
  • \10,800 以上お買い上げで送料無料

BORDEAUX

MENU
   1    2    3    4    5    6    >
JAN-JAN VAN ESSCHE
ヤン ヤン ヴァン エシュ
JAN-JAN VAN ESSCHE (JJVE) にとって、人間の集団文化は新しい服を創る際に無限のインスピレーションを与え続けています。新しいデザインは今までにない視点を開拓し、ダイアローグを前進させるための真の試みです。

毎シーズン、さまざまな民族文化の伝統的なパターンについて深く研究し、その後、デザイナー独自の表現で読み取られます。それはシンプルな詩で語られています。
JJVE は、可能な限り縫い目をなくし、細部と文化的調和を最小限に抑えながら、着るひとの快適さを最大限に高めるために内側からの表現を大切にしています。
西洋の古典的なアプローチでは、身体のラインを形作るのに対し、JJVE は服の形を身体に合わせ贅沢さと自由を提供します。

デザイナーの誠実で控えめなデザインは、人々の意識や心を含め、高品質な天然繊維を使った上質な生地でつくられています。
いくつかの生地は無染色のままで、さらには織機の状態のままであるという背景を最小限に抑えるために、色はむしろミュートされています。そして、無限の色合いを持つ黒はシルエットを強く出すために常に存在しています。

JJVE は、現代的でありながらジェンダーレスで努力を必要としない、新たな見識を常に追求しています。
彼のデザインは繊細さを重ね、現代の都会の生活や個人的なワードローブに組み込まれ、ゆっくりと慎重に繋がりと受け入れをみつけるための謙虚な役割を果たしています。
境界も制限も除外もありません。従来のシルエットを増幅させ、1枚1枚は開放的な雰囲気を醸し出しています。 JJVE を身につける人は、個人的な文脈だけでなく、世界と対話する優しい魂でもあります。それはまさに服のように謙虚で慎みのある人です。

JJVE はベルギーのアントワープに生まれ、同地にデザインスタジオを構えています。2003年アントワープ王立芸術アカデミーを卒業しています。
2010年6月、JJVE は、自身の名を冠した初のレーベルを立ち上げました。 COLLECTION#1 は、- "yukkuri" 日本語の「ゆっくり」 ‘TAKE IT EASY’ OR ‘SLOWLY’
これは、デザイナーとしての現代の服に対する本質的かつ概念的なアプローチにもなりました。

⚪️ COLLECTION#2 - SATTA AMASSAGANA (JUNE 2011)
⚪️ COLLECTION#3 - IN AWE (JUNE 2012)
⚪️ COLLECTION#4 - UHURU SASA (JUNE 2013)
⚪️ COLLECTION#5 - INITE (JUNE 2014)
⚪️ COLLECTION#6 - NO MAN IS AN ISLAND (JUNE 2015)
⚪️ COLLECTION#7 - AWARE (JUNE 2016)
⚪️ COLLECTION#8 - 無 (MU) (JUNE 2017)
⚪️ COLLECTION#9 - ONE IN ALL AND ALL IN ONE (JUNE 2018)
⚪️ COLLECTION#10 - CODA (JUNE 2019)
⚪️ COLLECTION#11 - GRACE (JULY 2020)
⚪️ COLLECTION#12 - CYCLE (JUNE 2021) 


2013年- デザイナーはアイデアを育むためにゆっくりとしたリズムとペースで必要な時間を取り、特定の技術や インスピレーションに基づいてデザインをするプロジェクトをスタートさせました。
創造性の自由は維持され、アイデアは開花することができます。

⚪️ PROJECT#1 - PROCEED (JANUARY 2013) - RESEARCH ON PATCHWORK

⚪️ PROJECT#2 - REDEEM (JANUARY 2014) &MASH; RESEARCH ON SAKIORI WEAVING
⚪️ PROJECT#3 - WADADA (JANUARY 2015) - RESEARCH ON ROPE WEAVING

⚪️ PROJECT#4 - EACH ONE TEACH ONE (JANUARY 2016) - RESEARCH ON BORO APPLICATIONS

⚪️ PROJECT#5 - ARISE (JANUARY 2017) - PATTERN RESEARCH INSPIRED BY THE KESA GARMENT

⚪️ PROJECT#6 - ONE STONE (JANUARY 2018) - PATTERN RESEARCH INSPIRED BY THE AINU KIMONO

⚪️ PROJECT#7 - SOLACE (JANUARY 2019) - EMPHASIS ON USE OF FABRICS

⚪️ PROJECT#8 - REMEMBRANCE (JANUARY 2020) - RESEARCH ON PADDED GARMENTS & SAKIORI WEAVING
⚪️ PROJECT#9 - SUNU (FEBRUARY 2021) - RESEARCH ON PADDED GARMENTS & HAND WOVEN GARMENTS

⚪️ PROJECT#10 - A HORIZON (JANUARY 2022) - RESEARCH ON KNITWEAR, NATURAL DYES & HAND WOVEN GARMENTS
   1    2    3    4    5    6    >